忍者ブログ

ソラゴト通信局

呼吸するライトノベル作家・石原宙のブログです

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

世界で2番目におもしろそうな書影とあらすじ公開です


こんばんは。石原宙です。


10/23(金)発売 
『世界で2番目におもしろいライトノベル。』
(集英社DX文庫)


集英社DX文庫公式サイト



書影公開です。





美しいです。すごくないですか。


見るからに世界で2番目におもしろそうです。


H2SO4さんありがとうございます。お願いしてよかったです。


安西先生風にいうなら「きみがいてよかった……」です。


まだ表紙の主人公とヒロインのみですが、ほかのキャラも素敵です。


主人公は灰川祭といいます。


「認知度海抜0m」を自負する生まれつき存在感ゼロのかわいそうな子です。


趣味はブログでラノベ叩き。


かつてはラノベ作家をめざしていたはずなのに、愛憎が逆転してしまいました。


ヒロインは赤瀬川夏恋。


"終わりの魔法少女"とよばれる、"終幕英雄<エンドロール>"の一人です。


終幕英雄とは、いわば"最終回後の主人公"


"終わりの魔法少女”

"伝説の勇者”
"学園異能の覇者”
"異世界帰りの救世主”

ひねくれた人生を歩んできた祭の前に現れたのは、よりによって彼の嫌ったライトノベルの主人公たちでした。


※もう少しくわしいあらすじは過去記事参照ください。


情報公開のたびブログ更新していきますので、よかったら見てください。


人助けだと思って。


よろしくお願います。
PR

新たなアイドルストーリーの幕が開くーー「アイドルコネクトAsteriskLive」


こんばんは。石原宙です。

わりと連続でブログ更新となりました。やればできます。

今回は新作スマホアプリゲーム「アイドルコネクトAsteriskLive」についてです。

私もシナリオで参加させていただきました。

ティザーサイトが公開です ↓

※事前登録受付中!

主役は9人のアイドルの卵たちです。
彼女たちは純粋です。夢を叶えるためにせいいっぱい踊り、知らない誰かの幸せのために歌います。

原点に立ち返り、人の心を打つアイドルとは何かということが追求されています。
ちなみにシナリオは二人体制で、私はサブ的にキャラの個別ストーリーを担当しています。


わたしの同期作家にしてクリエイティブフロンティア社のクリエイティブディレクター、葉巡明治氏が本編を牽引します。

キャラも序盤の本編ストーリーもすでにある状態からの参加で、誰かの作ったキャラを動かすことも初めてなので、難しさもありつつ、とても楽しませてもらいました。

まだ書いてますけど。

読んでみてもどちらが書いたかわからないと思いますが、百合の波動を感じたらそれがわたしです。

気づいたら百合ゲーになっているよう静かに蝕んでいきたいと思います。

わたしもずっとアイドルものがやりたかったので、声をかけていただけてうれしかったです。

ちょうど小説で進めていたアイドルものの企画がぽしゃった時だったので、まさに拾う神ありです。

ちなみにアイドルものの企画はほかに複数あるので、もっと拾っていただいてかまいません。

大事なことを言いますが、石原宙はアイドルがだいすきです。

話を戻しますが、このゲーム、キャラがとにかく可愛いです。

3Dのライブ映像も拝見しましたが、ちょうかわいい。曲もいいです。
イベントなどがあれば、お気に入りの子のコスプレをして振付完コピで乱舞したいと思います。
リリースは少し先ですが、順次情報も公開されていくと思います。


ビッグタイトルがひしめき、猛獣のすみかと化したアイドルゲーム界に殴り込みをかける「アイドルコネクトAsteriskLive」

よろしくお願いします。
10月23日(金)発売、「世界で2番目におもしろいライトノベル。」(集英社DX文庫)もよろしくね!

10月23日(金)世界で2番目におもしろいライトノベルが発売されます

こんばんは。石原宙です。

この間の土日はずっと家でみりん揚げを食べていましたが、さすがのわたしもみりん揚げ代くらいは稼がないといけません。

というわけで新刊がでます。

タイトルは、

『世界で2番目におもしろいライトノベル。』

です。

酔っぱらってません。

面白いです。おそらく現時点での私の最高傑作です。

みりん揚げに誓って言います。


次を書いたらそれが最高傑作になりますけど。



タイトルについては二転三転しましたが、「ライトノベル業界に喧嘩を売りたい」としきりに言う血の気の多い担当編集の口車に乗せられ、ごらんの有様となりました。

どうしたんでしょう。何かいやなことがあったんでしょうか。

しまいには、「『この世で2番目におもしろいライトノベル。』にしましょうよ! 略して『このラノ』!」と特定の出版社に向けて喧嘩を売ろうとしはじめたので、私が体を張って止めました。

その際に右腕を持っていかれましたが、この程度の犠牲ですむなら安いものです。

そうして決まったタイトル。
これだけ多くの作家さんがいて、たくさんの作品がある中で、たいへん恐れ多いです。

ですが、そんな群雄割拠の時代だからこそ、覚悟を決めねばならないと思いました。

タイトルの真偽は、最後まで読んでもらえれば必ずわかります。

どんな作品か一言で言うと、


ライトノベルへの愛と憎しみに満ちた作品です。

内容はこんな感じです。
***********************************************
主人公・灰川祭は、"認知度海抜0mの男〈デッドロット〉”を自負する高校生。

日々の日課は、ブログで志なきラノベを叩くことです。歪んでいます。

彼はある日、"最終回後の主人公”と名乗る4人と出会います。

"伝説の勇者” リーリャ・パヴロヴナ・リトビャノフ
"学園異能の覇者” 獅子王 騎士
"異世界帰りの救世主” 織田切 チロル
"終わりの魔法少女” 赤瀬川 夏恋

それはまさに祭りが毛嫌いしていたライトノベルの主演級〈プライマル〉でした。

非日常に飽き飽きしていた彼女たちは、普通の日常を望んでいます。

キーとなるのは、"英雄係数〈メサイアモジュール〉”。

簡単に言えば、その数値が高い者ほど英雄になりやすく、逆ならなりにくい。

元主人公と名乗る彼女たちは常人の3倍、300前後の数値を誇ります。

対する祭はたったの5。空前のモブです。

ドラクエでいえば、「ここは◎◎の村だよ」としか言えない村人の、飼ってる犬がくわえているビーフジャーキーくらいの存在感です。かわいそうです。

だからこそ彼を見込んで、彼女たちは願うのです。

自分たちのいらない英雄係数をもらってくれと。

私たちの代わりに、"主人公”になってくれと。

ただ。

彼女たちの不要な数値をすべて引き受ければ、祭の英雄係数は1000を超えます。

常人の10倍。主演級の3倍。未曾有の怪物です。

その爆発的な運命力は、しだいに世界に干渉をはじめます。

"伝説の勇者”は担任に。
"学園異能の覇者”は悪友に。
"異世界帰りの救世主”は妹に。
そして"終わりの魔法少女”はヒロインに。

主演級の彼女たちが、大いなる祭の物語の"脇役”になってしまうのです。
望まないのに、人類史上最強の"超主演級〈ハイ・プライマル〉”となってしまった祭はどうなってしまうのか?
************************************************
長かったですね。ここまで読んでくださった方ありがとうございます。

懐に余裕があれば、クオカード500円分あげたいです。

そして、注目の挿画担当は、人気イラストレーターのH2SO4さんです。

ものすごくきれいで魅力的な絵を描かれる方です。

以前から好きで、いつか一緒に仕事をしたいなと思っていたところ、今回ご快諾いただきました。

ありがとうございます。好きです。がんばりましょうね。

以上です。
ライトノベルを愛するすべての人へ。


右手で握手し、左手で殴り合いましょう。



10月23日(金)発売、『世界で2番目におもしろいライトノベル。』(集英社DX文庫)

どうぞよろしくお願いします。

5/31(日)はアニ×サカ!! FC岐阜×水戸ホーリーホック戦!

こんばんは。
突然ですが、アニ×サカ!!ってご存じでしょうか。
それは、Jリーグのチームとご当地ゆかりの人気アニメがコラボして、
お互いそして地域を盛り上げるグルーヴィかつハートフルな素敵企画。




私の出身の名古屋にはグランパスがありますが、岐阜にもFC岐阜というチームがあり、FC岐阜は『のうりん』とコラボをしています。
一方、水戸ホーリーホックは『ガールズ&パンツァー』とコラボレーション。


そしてきたる5/31、岐阜×水戸のアニ×サカ!!コラボマッチがあります!
場所はFC岐阜ホームの長良川競技場!
オリジナルグッズの販売や各種イベントが準備されていて、盛り上がること間違いなし!
詳細は以下!
 ↓↓↓
【FC岐阜ホームページ】

白鳥先生のブログにも詳しいのでおすすめ!
 ↓↓↓
【のうりんのぶろぐ】


私も敬愛する『のうりん』作者白鳥士郎先生にお声がけいただき、記念講演会に参加させていただくことになりました。


主講演は白鳥先生、
そしてアニ×サカ!!仕掛け人であり『ガルパン』プロデューサーでもあるバンダイビジュアル廣岡さんと私の二人がパネラーとして参加させていただきます。

テーマは「キャラクターによる地域振興」。
このテーマは私も以前から興味があり、ちょくちょく愛知や岐阜のキャラクターを軸にした地域振興イベントに顔を出していて、
白鳥先生とご一緒させていただくことも多く、最近は半ば萌えおこし研究サークルの様相を呈してきました。
白鳥先生の取材姿は大変勇ましく、いろんなブースで資料を集め、話をぐいぐい聞きに行くハングリーなスタイルは、
先方に「記者の方ですか?」と勘違いされることもしばしばで、私は後方でそれを横目に見ながら「あ、このキャラ可愛いな」と目移りしては一人でにやにやしているのでした。


お前も取材しろよ。


ということで、私もイベントを盛り上げられるように頑張ります。
アニ×サカ!!の無限の可能性をみんなで考えられたらいいなと思います。
どうぞよろしくお願いします。

●時間・場所
 13:00~14:45(12:30受付開始) 
 岐阜メモリアルセンター 長良川野球場会議室
●定員
 60名限定
●参加費
 無料
●参加資格
 次のいずれかに該当する方で、事前予約がお済みの方
(詳細は⇒http://www.fc-gifu.com/information/8690
 ・FC岐阜公式ファンクラブ2015会員
 ・2015FC岐阜後援会個人会員
 ・5/31水戸ホーリーホック戦観戦チケット購入者(企画チケット引換券含む)

スタジアムに来るだけでも楽しいのでおすすめです。

お祭りみたいな感じです。
出店で岐阜のグルメが楽しめるし、アニ×サカ!!のオリジナルグッズも買えるんじゃないかなと思います。
飛騨牛の串焼きがうまいです。
家族連れも多くアットホームな雰囲気で、天気が良い日はベンチに座ってのんびりするだけでも気持ちいいです。

でもきたら試合観戦までしたくなる罠……!

サッカー観戦初体験の方も安心してください。
後ろの芝生席でのんびり試合を見ることもできるので、緊張しなくて平気です。
ノッてきたらみんなでコールの輪に加わっても楽しいですよ。
私もこの間サッカー観戦童貞をFC岐阜に奪われたばかりです。
責任をとってもらわないといけません。


だから勝ってFC岐阜。私のために。

ブログ引っ越しました

ブログお引っ越ししました。

以前忍者TVでお世話になったサムライファクトリーさんの忍者ブログにやってきた!

<忍者TVはこちら>
忍者TV第一回

わたしが前のブログで宇宙背景を使っていたら、なんと今までなかったのにわざわざ作ってくれるという忍者スピリッツ! すごい!
いやまあわたし専用とかじゃなくて新しくラインナップしてくれてみんな使えるんですけど。
でも嬉しいです。
これで心おきなく使えます。

お引っ越し作業もいろいろお世話してくださって、ありがとうございました。
まだ使い方よくわからないので勉強していきます。

今後ともよろしくお願いします。ニンニン。