忍者ブログ

ソラゴト通信局

呼吸するライトノベル作家・石原宙のブログです

俺の編集が狂戦士だった件

こんばんは。石原宙です。


見本誌がきました。




10/23(金)発売
「世界で2番目におもしろいライトノベル。」
(集英社DX文庫)

予約受付中です。   amazon予約


ついに新刊発売まで一週間を切りました。

胃が痛いです。いつもよりずっとです。
この痛みの原因は、荒れた食生活でもなければ、緊張でもヒスタミンでもなく、ひとえに血の気の多いタイトルのせいです。
わたしは悪くありません。
みんな担当編集が悪いのです。


集英社DX文庫編集部ブログ
↑↑編集部ブログでこんな記事を書いてましたが、やつはどうかしているのです。


正常な思考ができていないのです。
きっと具合が悪いんだと思います。頭の。
いまや月に100冊以上も刊行され、出版レーベルも男女向けあわせて20以上も存在し、本もWEBも含めれば星の数ほどラノベがある中で、世界で2番目におもしろいなどと、どの口が言うんでしょうか。
群雄割拠のラノベ戦国時代のいま、業界そのものに盾突くなど正気の沙汰ではありません。
死ねばいいんでしょうか。
思えば、企画段階からおかしかったのです。
「ラノベ業界に喧嘩売りましょうよ!」盛んにそう言っていた担当氏。
本作から担当になったので、どんな人なのかな、よくしゃべる人なのかな、いろいろ考えました。
編集さんも人間なので、押しの強いタイプだったり、比較的作家にまかせるタイプだったり、いろいろです。
編集さんと作家の相性というのは作品の出来に大きく関わります。
とことん相性があわないと、企画は通らず、気力も失い、髪は抜け、悲しいかな作家が筆を折るケースさえあります。
だから自分の担当がどんな人なのかというのは、作家にとってまさに生死にかかわる問題なわけです。
・・・・・・からの「ラノベ業界に喧嘩売りましょうよ!」です。
「やるなら今しかないですよ!」とも言っていました。
まじか、と。
ただあなたが今むしゃくしゃしてるだけなんじゃないんですか、と。
押しが強いとか弱いとかじゃなく、ただひたすら武闘派なのです。
そうして、なかば脅される形でプロットを書き、気がつくと編集会議を通過していました。
原稿を書き、改稿をへて、無事入稿。
そしてできあがったカバー裏面がこれです。
こんな注釈ついてるあらすじがあるか!!
血の気多すぎるだろ!!! ばか!!!
「帯とかあらすじとかカバーに入る文言は読み手に刺さる端的なものがいいですよね」とは言いましたけど、刺さりすぎだろ!! 血が出るわ!!!

そもそもわたしが用意していた企画は、「ラノベは色々言われるけど、それすら笑い飛ばしてみんなでもっとラノベを楽しもうよ!」という純粋なものだったはずです。

読んでいただいたらわかると思いますが、ラノベ愛に溢れているんです。

いったいうちの編集はどうしてそんなにラノベ界に喧嘩を売りたがるのでしょうか。
ラノベに親でも殺されたのでしょうか。
これはもはや編集の皮をかぶった狂戦士です。
攻撃力3倍の代償に敵味方関係なく攻撃してくるのです。
実際すでにわたしの胃壁はボロボロです。
ラノベのタイトル風にいうなら、「俺の編集が狂戦士だった件」あるいは「俺の編集がこんなに見境ないわけがない」です。
意外と面白そうです。面白くないです。
こんなものを出して、日頃お世話になっているベテランの先生方にどんな顔して会えばいいんでしょうか。
どれだけ礼儀正しくしても「ああこいつは俺らに喧嘩売ってんだな」とか「あの笑顔の裏でほくそ笑んでやがるんだなこの豆ダヌキめ」と思われてしまいます。
そんなわけないんです。ゆるしてください。
みんな担当編集が悪いのです。
わたしはすべての作家先生を尊敬しているし、ラノベを愛しているのです。
せめて担当氏が薄幸の美少女JCだったらゆるされたのに、どうして薄幸でも美少女でもなければJCでもないんですか。
むしろ薄幸なのはわたしじゃないですか。
だからこれはもうできるだけ多くの人に買って読んでもわらうしかありません。
そうでないとこの魂と胃壁と抜けた毛髪は報われません。
どうか読んでみてください。
10/23(金)発売
「世界で2番目におもしろいライトノベル。」
(集英社DX文庫)
よろしくお願いします!
PR

新たなアイドルストーリーの幕が開くーー「アイドルコネクトAsteriskLive」


こんばんは。石原宙です。

わりと連続でブログ更新となりました。やればできます。

今回は新作スマホアプリゲーム「アイドルコネクトAsteriskLive」についてです。

私もシナリオで参加させていただきました。

ティザーサイトが公開です ↓

※事前登録受付中!

主役は9人のアイドルの卵たちです。
彼女たちは純粋です。夢を叶えるためにせいいっぱい踊り、知らない誰かの幸せのために歌います。

原点に立ち返り、人の心を打つアイドルとは何かということが追求されています。
ちなみにシナリオは二人体制で、私はサブ的にキャラの個別ストーリーを担当しています。


わたしの同期作家にしてクリエイティブフロンティア社のクリエイティブディレクター、葉巡明治氏が本編を牽引します。

キャラも序盤の本編ストーリーもすでにある状態からの参加で、誰かの作ったキャラを動かすことも初めてなので、難しさもありつつ、とても楽しませてもらいました。

まだ書いてますけど。

読んでみてもどちらが書いたかわからないと思いますが、百合の波動を感じたらそれがわたしです。

気づいたら百合ゲーになっているよう静かに蝕んでいきたいと思います。

わたしもずっとアイドルものがやりたかったので、声をかけていただけてうれしかったです。

ちょうど小説で進めていたアイドルものの企画がぽしゃった時だったので、まさに拾う神ありです。

ちなみにアイドルものの企画はほかに複数あるので、もっと拾っていただいてかまいません。

大事なことを言いますが、石原宙はアイドルがだいすきです。

話を戻しますが、このゲーム、キャラがとにかく可愛いです。

3Dのライブ映像も拝見しましたが、ちょうかわいい。曲もいいです。
イベントなどがあれば、お気に入りの子のコスプレをして振付完コピで乱舞したいと思います。
リリースは少し先ですが、順次情報も公開されていくと思います。


ビッグタイトルがひしめき、猛獣のすみかと化したアイドルゲーム界に殴り込みをかける「アイドルコネクトAsteriskLive」

よろしくお願いします。
10月23日(金)発売、「世界で2番目におもしろいライトノベル。」(集英社DX文庫)もよろしくね!

5/31(日)はアニ×サカ!! FC岐阜×水戸ホーリーホック戦!

こんばんは。
突然ですが、アニ×サカ!!ってご存じでしょうか。
それは、Jリーグのチームとご当地ゆかりの人気アニメがコラボして、
お互いそして地域を盛り上げるグルーヴィかつハートフルな素敵企画。




私の出身の名古屋にはグランパスがありますが、岐阜にもFC岐阜というチームがあり、FC岐阜は『のうりん』とコラボをしています。
一方、水戸ホーリーホックは『ガールズ&パンツァー』とコラボレーション。


そしてきたる5/31、岐阜×水戸のアニ×サカ!!コラボマッチがあります!
場所はFC岐阜ホームの長良川競技場!
オリジナルグッズの販売や各種イベントが準備されていて、盛り上がること間違いなし!
詳細は以下!
 ↓↓↓
【FC岐阜ホームページ】

白鳥先生のブログにも詳しいのでおすすめ!
 ↓↓↓
【のうりんのぶろぐ】


私も敬愛する『のうりん』作者白鳥士郎先生にお声がけいただき、記念講演会に参加させていただくことになりました。


主講演は白鳥先生、
そしてアニ×サカ!!仕掛け人であり『ガルパン』プロデューサーでもあるバンダイビジュアル廣岡さんと私の二人がパネラーとして参加させていただきます。

テーマは「キャラクターによる地域振興」。
このテーマは私も以前から興味があり、ちょくちょく愛知や岐阜のキャラクターを軸にした地域振興イベントに顔を出していて、
白鳥先生とご一緒させていただくことも多く、最近は半ば萌えおこし研究サークルの様相を呈してきました。
白鳥先生の取材姿は大変勇ましく、いろんなブースで資料を集め、話をぐいぐい聞きに行くハングリーなスタイルは、
先方に「記者の方ですか?」と勘違いされることもしばしばで、私は後方でそれを横目に見ながら「あ、このキャラ可愛いな」と目移りしては一人でにやにやしているのでした。


お前も取材しろよ。


ということで、私もイベントを盛り上げられるように頑張ります。
アニ×サカ!!の無限の可能性をみんなで考えられたらいいなと思います。
どうぞよろしくお願いします。

●時間・場所
 13:00~14:45(12:30受付開始) 
 岐阜メモリアルセンター 長良川野球場会議室
●定員
 60名限定
●参加費
 無料
●参加資格
 次のいずれかに該当する方で、事前予約がお済みの方
(詳細は⇒http://www.fc-gifu.com/information/8690
 ・FC岐阜公式ファンクラブ2015会員
 ・2015FC岐阜後援会個人会員
 ・5/31水戸ホーリーホック戦観戦チケット購入者(企画チケット引換券含む)

スタジアムに来るだけでも楽しいのでおすすめです。

お祭りみたいな感じです。
出店で岐阜のグルメが楽しめるし、アニ×サカ!!のオリジナルグッズも買えるんじゃないかなと思います。
飛騨牛の串焼きがうまいです。
家族連れも多くアットホームな雰囲気で、天気が良い日はベンチに座ってのんびりするだけでも気持ちいいです。

でもきたら試合観戦までしたくなる罠……!

サッカー観戦初体験の方も安心してください。
後ろの芝生席でのんびり試合を見ることもできるので、緊張しなくて平気です。
ノッてきたらみんなでコールの輪に加わっても楽しいですよ。
私もこの間サッカー観戦童貞をFC岐阜に奪われたばかりです。
責任をとってもらわないといけません。


だから勝ってFC岐阜。私のために。