忍者ブログ

ソラゴト通信局

呼吸するライトノベル作家・石原宙のブログです

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『小説おそ松さん 前松』発売しました

こんばんは。石原宙です。
ついに7/29『小説おそ松さん 前松』発売となりました。

通常版と缶バッジ付限定版があります!


口絵も夏っぽくて、意外とこういう格好の6つ子たちって新鮮ですね。
内容的には相変わらずな感じで、アニメを見ていた人ならすっと入っていけるんじゃないかなと思います。
ネタ打合せの段階からお忙しい中アニメのスタッフさんに入っていただき、一緒に作ったまさに本家おそ松さん。

それでいて、小説だからできる、6つ子たちの心情描写なども楽しめるので、買って損はない一冊だと思います。


なお、よく見ると私の名前が変に小さいですが、誤植ではありませんあしからず…。



これにはちょっとした事情があり…。
元々私はサポートのみで前松を直接書く予定はありませんでしたが、出しゃばって書いてしまった経緯があり、もともと担当されていた三津留先生を立てる意図で自分の名前を小さくしてもらいました。

なので、誤植でもなければいじめに遭っているわけでもありません。
石原宙は元気です。よろしくお願いします。

 

まぁ、誰が書いたかなどどうでもいいことで、これは松野家の6つ子たちの物語です。
いつも通り彼らの馬鹿馬鹿しい日常を楽しんでもらえたらと思います。
そして、9/17発売予定『VSこち亀』の情報も解禁されました。


『VS.こち亀』公式サイト


錚々たる作家先生たちの中に、私も紛れ込んで、こち亀×おそ松さんを書かせていただきました。

こちらも追々お知らせをブログに書きます。
ひとまず8/1発売予定の週刊少年ジャンプに試し読みが掲載されますので、ぜひ見てみてください!


11/29発売予定『小説おそ松さん 後松』ともども、よろしくお願いします!

PR

『世界で2番目におもしろいライトノベル。』発売によせて


本日10/23(金)『世界で2番目におもしろいライトノベル。』(集英社DX文庫)

ついに発売です。







今作のテーマは、「ライトノベルは妙な批判が多いけど、そうした叩きもひっくるめて笑い飛ばして、みんなでもっと楽しもうよ!」ということです。

ラノベは自由で貪欲で、浅はかな叩きなんてそれすら笑いのネタにするバイタリティがあって、それが私は大好きです。

形式とか格式だとかどうでもよくて、ただ自由で、楽しくて、嫌な現実から違う世界へ連れていってくれます。

本のあとがきにも少し書きました。

漫画やライトノベルのともすれば軽んじられる馬鹿騒ぎが誰かを救うことがあります。

私は何度も救われました。

頭の線が焼き切れそうなほど悔しい思いもしたし、なんで自分ばっかりこんなに苦しまなきゃなんないんだって死にたくもなりました。

でも、漫画やライトノベルがこことは違う世界があることを教えてくれたし、夢や勇気をくれたし、かわいい女の子の素敵な笑顔とパンツを見せてくれました。

私にとってライトノベルは理不尽な現実に対抗する鎮痛剤であり、明日のための充電基地でした。

この作品は、だから恩返しでもあります。

ライトノベルはいま苦境に立たされています。市場規模が右肩上がりの時期は終わり、売り上げは年々減少を続けています。

的を射ない批判にさらされ、ネットに乗って強化されたデマゴーグが多くの人を惑わせています。

それを救うだなんておこがましくて言えないですが、こんな私でも「ライトノベルは面白いんだよ!」と叫ぶことはできます。

私みたいな下っ端がライトノベルをテーマに書くだなんて恐れ多くて、かなり悩みましたが、好きなものを好きと言うだけだと考えると、覚悟が決まって、筆もすいすい進みました。

私はラッキースケベが好きだし、普段は頼りないけど戦えば無敵の主人公が大好きです。

異世界が好きです。勇者と魔王が好きです。異能バトルも大好きです。

平凡な男の子がある日、運命を背負った美少女に出会って、規格外の能力に目覚め、大事なものを守るために戦う。

超かっこいいです。

かわいい女の子に囲まれて、意味不明の部活に無理やり入部させられて、ありえない強権を持つ生徒会と対決する。

幸せじゃないですか。

そういう世界があるから希望を失わずに生きていられます。真面目な話です。

鎌倉市図書館の司書さんが言ってくれました。



今年かなり話題になったツイートでした。

よくぞ言ってくれたという感じでした。

今まさに苦しんでいる子には響いたんじゃないでしょうか。

若い時代なんて、苦しいことばかりなんですよ。支えがないとうまく生きていけないんです。

そして、ライトノベルもあるよ、とよく言ってくれました。

ライトノベル作家は読者を楽しませるために、必死になって、体力も精神もすり減らして一つ一つの作品を作っています。

だから、どこかで辛い思いをしている誰かの毎日を少しでも癒す力があると思っています。



『世界で2番目におもしろいライトノベル。』

地味に物議を醸しているタイトルですが、決まるまで二転三転しました。

企画段階では、『レンタルメサイア№5』といいました。

その後、『終幕英雄<エンドロール>の惜日』、『となりの終幕英雄<エンドロール>!』、『終幕英雄<エンドロール>は終わらない』となり、しかしどれも没とされ、「世に刺さるような強いタイトルがほしい」という編集氏の意見を踏まえ、『世界で2番目におもしろいライトノベル。』となりました。

当初、私はかなりの拒否感を示しましたが(当然です)、今となってはこれでよかったかなと思います。

みんなに読んでほしい話だから、注目してもらえる服を着ることも必要だと思ったからです。

帯だって、すんなりとは決まりませんでした。

私の意見は「最強のライトノベルの主人公たちが俺の脇役になってしまった」という作品のコンセプトを大きく書いてほしいということでした。

だけど、最初に出てきたデザインは、「ラノベを愛する全てのひとへ」と大きく書かれたものでした。

(再掲)



それは編集さんの考えを反映したものでした。だから私は上記のような意見を述べました。

抽象的なメッセージよりも、作品のコンセプトをはっきり書いた方がいいと。

帯はとても重要です。タイトルとともに、ぱっと見で読者に飛び込んでくる情報です。

タイトルとイラストと帯、ここで注目をひけなければ負けと言っても過言じゃありません。

編集さんは私の話を聞いて、「わかりました」と言いました。

でも、上がってきた第二案には、変わらず「ラノベを愛する全てのひとへ!!!」と書いてあって、私が要請した作品のコンセプトは脇に寄せて書いてありました。

ぜんぜんわかってねえじゃねえかと思いました。

でも私はそれに対して憤慨することはありませんでした。

むしろこの人はそれだけこの作品を大事に思ってくれてるんだなと思いました。

「ラノベを愛する全てのひとへ」なかなか言えることじゃありません。かなり大口叩いています。おかげで私の両膝はいまだにがくがく言っています。

作品作りの最中は、メールやLINEで頻繁に連絡をとりますが、編集さんは言いました。

「この作品は多くの人に読んでもらいたい」「全力で売りにいきます」

それは、私がずっと言ってもらいたかった言葉でした。

約4年前、私は集英社のライトノベル新人賞をいただいて世に出ました。

授賞式の夜、私は初代担当にこんなことを言われました。

「こんなこと言っちゃいけないけど、作品を世に送り出すのは競馬を見るのと同じ感覚」と。

市場は複雑を極め、何が当たるかわからない。お金と労力をかけて大きくプッシュした作品が不発に終わり、ほとんどプロモーションをかけなかった作品が大きくはねたりします。

その感覚は、数年の作家経験をへた今、よりよく理解できます。

でも、当時の私はさみしい気持ちになったのは確かでした。

彼は悪い人ではありません。私を馬鹿にしていたわけでも、びびらせようとしたわけでもありません。

率直に現実を教えてくれたので、そういう意味ではとても果断で、思慮深い人でした。

ライトノベルというのは、一つのレーベルで月に何冊もでています。

多ければ20冊、最近のDX文庫では6冊程度です。

それが毎月続きます。作っては出し、作っては出しの繰り返しです。

ゆえ、一部の大型新作や既存の売れ筋作品を除けば、一つの作品にあまり入れ込むことはできないのです。

悪い言い方をすれば、流れ作業になってしまうのかもしれません。

編集さんにとっては、私の作品もその毎月こなすルーティンの一つでしかありません。

なのに「この作品は多くの人に読んでもらいたい」「全力で売りにいく」、そう言ってくれた心意気には、さすがの私も打たれました。

今は誰かれかまわず喧嘩を売る狂戦士と化した編集氏ですが、かつては人の心を持っていたのです。

まだ私は根に持ってますけど(過去記事参照ください)。


……などといろいろ書きましたが、今作は別に重い内容じゃありません。

当然ラノベ叩きの本でもありません。

いたって普通の、軽くて陽気な学園コメディです。

ライトノベルが好きな人と、「やっぱラノベ面白いよね!」とわかちあうお祭りみたいな感覚で書きました。

気が向いたら暇つぶしに読んでみてください。適当にトイレとかで。

『世界で2番目におもしろいライトノベル。』

よろしくお願いします!


編集部ブログでもいろいろ紹介してくれました。ありがとうございます。
 ↓↓↓↓↓

あらすじ紹介


特典情報






世界で2番目におもしろそうな書影とあらすじ公開です


こんばんは。石原宙です。


10/23(金)発売 
『世界で2番目におもしろいライトノベル。』
(集英社DX文庫)


集英社DX文庫公式サイト



書影公開です。





美しいです。すごくないですか。


見るからに世界で2番目におもしろそうです。


H2SO4さんありがとうございます。お願いしてよかったです。


安西先生風にいうなら「きみがいてよかった……」です。


まだ表紙の主人公とヒロインのみですが、ほかのキャラも素敵です。


主人公は灰川祭といいます。


「認知度海抜0m」を自負する生まれつき存在感ゼロのかわいそうな子です。


趣味はブログでラノベ叩き。


かつてはラノベ作家をめざしていたはずなのに、愛憎が逆転してしまいました。


ヒロインは赤瀬川夏恋。


"終わりの魔法少女"とよばれる、"終幕英雄<エンドロール>"の一人です。


終幕英雄とは、いわば"最終回後の主人公"


"終わりの魔法少女”

"伝説の勇者”
"学園異能の覇者”
"異世界帰りの救世主”

ひねくれた人生を歩んできた祭の前に現れたのは、よりによって彼の嫌ったライトノベルの主人公たちでした。


※もう少しくわしいあらすじは過去記事参照ください。


情報公開のたびブログ更新していきますので、よかったら見てください。


人助けだと思って。


よろしくお願います。

10月23日(金)世界で2番目におもしろいライトノベルが発売されます

こんばんは。石原宙です。

この間の土日はずっと家でみりん揚げを食べていましたが、さすがのわたしもみりん揚げ代くらいは稼がないといけません。

というわけで新刊がでます。

タイトルは、

『世界で2番目におもしろいライトノベル。』

です。

酔っぱらってません。

面白いです。おそらく現時点での私の最高傑作です。

みりん揚げに誓って言います。


次を書いたらそれが最高傑作になりますけど。



タイトルについては二転三転しましたが、「ライトノベル業界に喧嘩を売りたい」としきりに言う血の気の多い担当編集の口車に乗せられ、ごらんの有様となりました。

どうしたんでしょう。何かいやなことがあったんでしょうか。

しまいには、「『この世で2番目におもしろいライトノベル。』にしましょうよ! 略して『このラノ』!」と特定の出版社に向けて喧嘩を売ろうとしはじめたので、私が体を張って止めました。

その際に右腕を持っていかれましたが、この程度の犠牲ですむなら安いものです。

そうして決まったタイトル。
これだけ多くの作家さんがいて、たくさんの作品がある中で、たいへん恐れ多いです。

ですが、そんな群雄割拠の時代だからこそ、覚悟を決めねばならないと思いました。

タイトルの真偽は、最後まで読んでもらえれば必ずわかります。

どんな作品か一言で言うと、


ライトノベルへの愛と憎しみに満ちた作品です。

内容はこんな感じです。
***********************************************
主人公・灰川祭は、"認知度海抜0mの男〈デッドロット〉”を自負する高校生。

日々の日課は、ブログで志なきラノベを叩くことです。歪んでいます。

彼はある日、"最終回後の主人公”と名乗る4人と出会います。

"伝説の勇者” リーリャ・パヴロヴナ・リトビャノフ
"学園異能の覇者” 獅子王 騎士
"異世界帰りの救世主” 織田切 チロル
"終わりの魔法少女” 赤瀬川 夏恋

それはまさに祭りが毛嫌いしていたライトノベルの主演級〈プライマル〉でした。

非日常に飽き飽きしていた彼女たちは、普通の日常を望んでいます。

キーとなるのは、"英雄係数〈メサイアモジュール〉”。

簡単に言えば、その数値が高い者ほど英雄になりやすく、逆ならなりにくい。

元主人公と名乗る彼女たちは常人の3倍、300前後の数値を誇ります。

対する祭はたったの5。空前のモブです。

ドラクエでいえば、「ここは◎◎の村だよ」としか言えない村人の、飼ってる犬がくわえているビーフジャーキーくらいの存在感です。かわいそうです。

だからこそ彼を見込んで、彼女たちは願うのです。

自分たちのいらない英雄係数をもらってくれと。

私たちの代わりに、"主人公”になってくれと。

ただ。

彼女たちの不要な数値をすべて引き受ければ、祭の英雄係数は1000を超えます。

常人の10倍。主演級の3倍。未曾有の怪物です。

その爆発的な運命力は、しだいに世界に干渉をはじめます。

"伝説の勇者”は担任に。
"学園異能の覇者”は悪友に。
"異世界帰りの救世主”は妹に。
そして"終わりの魔法少女”はヒロインに。

主演級の彼女たちが、大いなる祭の物語の"脇役”になってしまうのです。
望まないのに、人類史上最強の"超主演級〈ハイ・プライマル〉”となってしまった祭はどうなってしまうのか?
************************************************
長かったですね。ここまで読んでくださった方ありがとうございます。

懐に余裕があれば、クオカード500円分あげたいです。

そして、注目の挿画担当は、人気イラストレーターのH2SO4さんです。

ものすごくきれいで魅力的な絵を描かれる方です。

以前から好きで、いつか一緒に仕事をしたいなと思っていたところ、今回ご快諾いただきました。

ありがとうございます。好きです。がんばりましょうね。

以上です。
ライトノベルを愛するすべての人へ。


右手で握手し、左手で殴り合いましょう。



10月23日(金)発売、『世界で2番目におもしろいライトノベル。』(集英社DX文庫)

どうぞよろしくお願いします。

ニンジャ屋敷(サムライファクトリーさん)にいってきました

こんばんは。石原宙です。

先日、シブヤにある某ニンジャ=ヤシキへ遊びにいってきました。
おいおいこいつ本売れなさすぎて頭おかしくなったんじゃねえのと思われるかもしれませんが本当なんです。

ちなみにこんな感じです。




ニンジャ=ヤシキの正体はサムライファクトリーさんという名うてのIT企業です。
忍者ツールズというwebサービスを扱っていて、ブログとかアクセス解析なんかが有名です。

《サムライファクトリーさんHP》

わたしは、サービスは使わせていただいたことはないのですが、忍者ブログは以前から知ってました。
なんかおしゃれで、上のほうで小さい手裏剣がくるくるまわってるんですよ(雑なイメージ)。

呼んでくださったのは、ハトリ=サンというシンマイニンジャで、以前からの知人で音楽を作ったり声の仕事をしたりする可愛らしい女性なんですが、ある日突然「ニンジャになった」と報告がありました。
「ああ、強めに頭打ったのかな」と思いました。
彼女が言うには、いまはこのサムライファクトリーさんという会社で広報の一端を任されているとのこと。
そこで、「本の宣伝させてあげますからきてください」という甘い言葉に乗せられて、のこのことこのニンジャ=ヤシキへお邪魔したわけです。

ともあれ、この案内板の段階まではまだ普通のビルの体裁を保ってます。

しかし真っ暗な待合室(ここもおかしい)に入り、内部からしか開かない電子解除の扉を抜けると、そこは江戸時代でした。






なんかのテーマパークなわけじゃないです。
渋谷にあるIT企業なんです。
しゃらくさい居酒屋でもないです。
理性のある大人が働いてるんです。

左右に部屋があり、どうやらここは接客スペースのようでした。
そのうちの一つの部屋へ通されました。



いきなり岩場です。開幕岩場です。
そして壁を見ると、



ニンジャナンデ!!?

カタナからのスリケンです。
壁はちゃんとした固い木でできてますが、まあ作りものかなと思ってると、
「あ、手裏剣投げてもらってもいいですよ」
「!?」
「刺さりますよ」
「!!?」
たしかに手裏剣を触らせてもらうと固くて刺さりそうです。



「こちらでお待ちください」と言われた部屋がこれです。



通称〝砦〟だそうです。砦て。
おもに作戦会議に用いられる部屋だそうです。
今宵は誰を血祭りに上げるんでしょうか。

「お待ちいただく間こちらでもご覧ください」
ハトリ=サンに渡されたのがこれです。





まさかの巻物。
中を開くとちゃんと代表のメッセージや会社紹介、沿革などが書かれていて、いわゆる会社紹介のパンフレットのようです。



クナイはサービスで貸してもらいました。
常時持ち歩いているそうで、卒業した先輩から譲り受けたと言っていました。
さすがニンジャです。
シブヤ=エキから案内してもらう間、本当に鞄の中にこのクナイを忍ばせていました。
「頭のキズは深いな」と思いました。

しかし彼女は頭を強めに打ったわけではなかったようです。
まだ修行中だそうですが、「今は忍者をしている」というのは本当だったようです。
会社まできてやっと理解しました。

で、なぜ呼んでいただいたかと言うと、「広報の一環でWEBラジオ的なものをやるので、ゲストとしてしゃべってほしいでござる」ということでした。
語尾まで本当にそう言ったかどうかは定かではありませんが、わたしの中で彼女が確かにニンジャになった証拠でした。

その結果がこちらです。

↓↓↓↓

忍者TV

ふわっとはじまってふわっとおわってるのでつかみどころがないトークが見所です。
本当にこれでよかったんでしょうか。
本当に第一回のゲストがわたしでよかったんでしょうか。
ぜんぜん忍者ツールズの宣伝ができなかった気がするんですが本当にいいんでしょうか。

しかもこのブログ自体忍者ブログじゃなくてFC2ブログという鬼畜の所業。

あまりに申し訳ないうえ、お邪魔してサムライファクトリーさんが好きになったので、近々忍者ブログにお引っ越ししたいと思います!
お世話になります!
よろしくお願いします!

そんなわけで新創刊ダッシュエックス文庫とそのうち出るわたしの新作もよろしくお願いします!!
        
  • 1
  • 2
  • 3