忍者ブログ

ソラゴト通信局

呼吸するライトノベル作家・石原宙のブログです

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

8番目のカフェテリアガール2巻発売延期の件

こんばんは。石原宙です。

2/25発売予定だった『8番目のカフェテリアガール2 東京おもてなしサバイバル』ですが、またもや発売延期となってしまったようです。

もともと昨年11月発売予定だったものが、今年1月に延び、さらに2月に延び、飽きもせず3月に延びてしまいました。

3段階も延期するなんてフリーザ様もびっくりです。

実際2巻の原稿自体は1巻発売頃(昨年6月)にはほぼできていたので、使った時事ネタがすでに古くなっていてこのまま出すと「遅れてるやーつ」みたいになりそうで震えています。

新しい発売予定日は3/25です。

今度は延期しないと担当氏が言っていたので大丈夫だと思います。

我慢の日々が続きましたが、ライトノベルは一人じゃ作れないのでしかたないです。

待っていただいた方、応援してくださってる方にはわたしからも謝らせていただきます。本当にすみません。

もう少しだけ待ってやってください。

ただ内容は面白いです。
前巻のグランドキッチンとの闘いをへて、ダメ食堂だった満天を中心に学食戦国時代が訪れます。
次なる敵は序列二位、武闘派集団〝和の蓬莱〟です。
和食は昨年11月ついに無形文化遺産に登録され、世界に認められました。
いいですよね、和食。
ほっとする出汁の香り。
四季折々の食材に美しい盛りつけ。
飛び交う斬撃。
火を吹くカラテ。
おもてなしという名の殺意。
死すべし、ナゴヤヘッズ。慈悲はない。
サヨナラ!

クレイジーサイコ名古屋人の新たな闘いにぜひご注目ください。


8番目のカフェテリアガール 2 東京おもてなしサバイバル (8番目のカフェテリアガールシリーズ) (スーパーダッシュ文庫)8番目のカフェテリアガール 2 東京おもてなしサバイバル (8番目のカフェテリアガールシリーズ) (スーパーダッシュ文庫)
(2014/03/25)
石原 宙

商品詳細を見る




8番目のカフェテリアガール 東京なごやかプロジェクト (8番目のカフェテリアガールシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)8番目のカフェテリアガール 東京なごやかプロジェクト (8番目のカフェテリアガールシリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2013/06/25)
石原 宙

商品詳細を見る
PR

ブログはじめました

はじめまして。石原宙ともうします。

ブログはじめてみました。

基本ものぐさな人間なので、おもいきってはじめてみたものの、もう続けていけるか不安でいっぱいです。

助けてください。

ブログは簡単だって聞いてたのにいろいろ設定とか難しいじゃないですか。

詐欺じゃないですか。

プラグインってなんですか。RSSってなんですか。横文字ばかりで日本人としての誇りを失ったんですか。

でもがんばります。

立ち直りが早いです。

このブログは、作品の宣伝あり、ただの日常あり、応援してくれる人への感謝ありという感じで、お声しだいでポロリもあります。

よろしくお願いいたします。

誕生日でした

こんばんは。石原宙です。

じつは1月16日はわたしの誕生日でした。

そこでこれ!


あんど先生色紙


どうですかこのオシャレなデザイン(ハイトーンボイス)!

持ち運びやすいサイズ(裏返りぎみ)!

スクエアなボディー(裏返る)!!


まさかの『究極!!変態仮面』の作者あんど慶周先生に描いていただいた色紙なんです。

まさかの「お誕生日おめでフォォォ……!!」なんです。

これですね。

大須にある漫画の描ける某喫茶店さんへお邪魔したとき、大胆かつ巧妙にねだったのです。

わたしはお店につくなり、あんど先生とほかにもいらっしゃった先生方との会話の隙を狙い、切り込みました。

「あっ、そういえば」と素朴な思いつきを装い(狩人の目で)、

「今度ぼく誕生日で!」と用意周到にかばんに潜ませた色紙をさしだしつつ(どうみてもこのために買ってきた)、

「もしよろしければこれ」と拙著『8番目のカフェテリアガール』を手渡しつつ断りにくい雰囲気を醸成しました。

プロの犯行です。

とはいえ、あんど先生はとても懐のひろい方なので、こんなちょこざいな真似をせずともこころよく応じていただけたはずです。

少年時代、わたしはジャンプしか読まない派でした。

学校へいけば、「今週のマガジンが」「サンデーが」「貴重なチャンピオン派だ! 保護しろ!」などと各種漫画誌の話題が飛びかうなか、わたしは「フッ」と腹立つ感じで鼻を鳴らし、かたくなにジャンプだけを読み続ける孤独な求道者でした。

週刊少年ジャンプと心の専属契約を結んでいたのです。

意識の高い読者であり、つまりファンをこじらせていたのです。

『究極!!変態仮面』は、わたしがリアルタイムで読んでいた大好きな作品でした。

1993年の連載終了から、2013年の実写映画化という20年にもおよぶ超ロングパスを成功させた偉大な作品です。

「俺は正義の味方だが、どうやら正義は俺の味方ではないらしい」

この最高にかっこいいキャッチコピー。

まさかこの正体が女の子のパンティをかぶったほぼ全裸の男子高校生と誰が思うでしょうか。

これが日本のヒーローです。

いつアベンジャーズの一員になるかと考えると胸が高鳴ります。

ともかく。

まさか自分が大人になって、その作者の先生にお誕生日色紙を書いてもらえる日がこようとは……。

あんど先生ありがとうございました。

この業界、つらいこともたくさんあるけど、こういう幸せがたまにあるから好きですよ。